借金の援用についてもっと知る

法の力を借りて借金を減らす方法

法の力を借りて借金を減らす方法

合法的に借金を返す方法は、いくつかあります。
稼いで返すのが理想ですが、それが出来ない場合には、「調停」で減額してもらったり、「民事再生法(個人再生法)」を使うという方法もあります。
特定調停を行うと、破産させないようにしながら返済方法と債権者と話し合う方法です。
例えば、利息が高すぎるので安くして欲しいといったことを、調停委員という人たちを交えて部屋で話し合います。
無理のないペースで支払うことを目的としているので、借金の踏み倒しのような事態にはなりません。
民事再生法は、破産が目的ではなくて債務者を再建させるのが目的です。
小規模事業者やサラリーマンなどで、無担保借金の総額が3,000万円を超えていないことが条件になります。
破産寸前でなおかつ継続的に安定した収入が見込める人に対して適用されます。
稼いで真面目に返そうとするのも一つの方法ですが、それよりも法の力を使って無理をしないペースで返せるようにしていくのも大切です。
真面目な人は借金を返すために借金をするという多重債務に陥りやすいので、なおさら注意が必要です。
債務者と直接交渉するという方法もあり、確かに交渉力がつきますが、身の危険もあるので良い方法とは言い切れません。

»時効の援用を考えている方

家族のためにも借金を解決しましょう

「そんなに借りているつもりはなかったのに、気がつけば金利が膨らんで、莫大な借金になっていた」というケースが少なくありません。
物が豊かになった現代ですが、裕福で気楽に人生を謳歌している人もいれば、破産しなければならないほどに追い込まれている人もいます。
借金の種類にはいろいろありますが、特に現代社会に広く流布しているクレジットカードによる借金は、手間をかけずに気軽に借りられるというメリットがありますが、使っている実感がわきにくく、感覚がマヒしやすいというデメリットもあります。
借金を返さないでいると催促の電話がかかって来るようになりますし、家族を心配させ、迷惑をかけてしまいます。
何もせずにいれば金額は膨れ上がる一方なので、自分の大切な家族のためにも、早めに対策を打った方がいいでしょう。
お金を借りている会社と相談したり、弁護士などの仲介人を通じて、支払いを待ってもらうように交渉する方法があります。
普通の生活では返済するのが難しいくらいの借金になってしまった場合は、自己破産の手続きを取ることも視野に入れておく必要があります。
自己破産は手続きが複雑なので、経験のある弁護士などに相談することになります。

借金、相続の問題に応えてくれるリンク

消滅時効の無料相談を実地している司法書士事務所

消滅時効の援用